HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングのためのヘアーアドバイス > ヘアカラーの選び方

Hair Arrangement by Dress Typeウェディングのためのヘアーアドバイス

レンタルドレスを選んだり、メイクやヘアアレンジを決めたり、女性がステキな花嫁になるためにこだわりたいポイントはたくさんありますが、意外に見落としがちなのがヘアカラー。
華やかなヘアアレンジを活かすためには髪色も重要です。
選び方からおすすめカラーまで、ここではヘアカラーについてご紹介していきます。

 

ヘアカラーの選び方

カラーリングの注意点
ヘアカラーは「色味」だけでなく「トーン(明るさ)」を変えるためのもの。
一般的にブライダルヘアは清楚なイメージが強いためか、トーンを抑えめにする花嫁さんが多いようです。しかし、もちろん暗いトーンでなくてはいけないというものではないので、自由に選びましょう。
希望の髪色がイメージできたら、いざ美容院へ。
ヘアカラーは同じ染料でも髪質によって染まり方が違うので、髪質や好みをわかってくれている美容師さんにお願いするのが間違いありません。ふだん通っている美容室へ行くことをおすすめします。
また、カラーリングは結婚式の5日前くらいがおすすめ。早すぎると本番当日カラーが落ちていたり根元が伸びてしまったり。逆に直前のカラーリングは仕上がりがイメージと違っても染め直す時間がありません。
結婚式当日に、ベストな状態になるように予定を組みましょう。
ヘアカラーは何を基準に選べばいい?
●会場やドレスに合わせる 「クラシカルな会場なのに、ポップで明るいヘアカラーにしていたので浮いてしまった」
「真っ赤なレンタルドレスを選んだのに、ヘアカラーがグリーン系だったのでしっくりこなかった」
など、悩みぬいた末にチョイスした会場やレンタルドレスと自分の髪色の相性がイマイチでは、結婚式当日にがっかりしてしまいます。
ヘアカラーは最後に選ぶケースがほとんどですが、会場やドレスなど当日の雰囲気と合わせることを考えましょう。

●なりたいイメージに合わせる 女性なら誰しも「こんな花嫁になりたい」という理想のイメージがあると思いますが、同じ髪型でもヘアカラーによって印象が変わります。明るい色は若くてキュート、暗い色ならシックで大人っぽい印象に。
美容師さんにも相談して、イメージに合ったヘアカラーを選びましょう。
おすすめカラー

●やっぱり王道!黒・ダーク系カラー 時代は変われど清廉潔白なイメージを求められる花嫁。親族受けナンバー1はやはり黒髪。
マーメイドラインのウェディングドレスをレンタルした方や、和装を予定している方には特に黒やダーク系のヘアカラーがぴったりです。

●おしゃれ外国人風!グレージュ 近ごろ最も人気のヘアカラーはグレージュ。グレーとベージュの中間色で、名前のとおりこの2色を混ぜ合わせたような外国人風のおしゃれな色です。透明感やこなれ感があり、いまどきのラフなヘアアレンジと相性抜群。

●オールマイティーなカラー!アッシュ 定番のアッシュ(灰色)は、まっ白なウェディングドレスにもカラードレスにも相性の良いオールマイティーカラーです。日本人の肌にも馴染み、肌を白く見せてくれる効果も。アッシュなら明るめのトーンでも派手になり過ぎません。

TOP