HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングのためのヘアーアドバイス > ヘッドドレスの種類

Hair Arrangement by Dress Typeウェディングのためのヘアーアドバイス

「ヘッドドレス」とは髪飾りのことで、
結婚式においては花嫁さんを華やかにしてくれる大切なウェディングアイテムのひとつ。
ステキなレンタルドレスも時間をかけたヘアアレンジも、ヘッドドレス次第で見え方は大きく違ってきます。
代表的なヘッドドレスにティアラがありますが、その他にもヘッドドレスには実にさまざまな種類が。
ウェディングドレスと同じく普段なかなか身に付けることがないものだけに、
こだわりたいという方も多いのではないでしょうか?
そのためにまずはヘッドドレスにどんな種類があるのかを知って、
自分らしいウェディングスタイルの参考にしてください。

 

ヘッドドレスの種類

ティアラ
花嫁姿の定番といえば、やっぱりティアラ。「宝冠」を意味する正装用の髪飾りのことで、結婚式のヘッドドレスとしても最も選ばれています。
ジュエリーをちりばめたゴージャスなタイプから、パールやビーズをあしらった小ぶりなものまで、バラエティの豊かさもティアラの魅力です。大きなものはクラシックなイメージ、小ぶりなものはキュートなイメージを出してくれます。
クラウン
その名の通り「王冠」を意味するクラウンも定番ヘッドドレスです。
ティアラ同様、ゴージャスタイプからカジュアルタイプまでバリエーションも豊富。中でも人気なのは直径10cm前後の小さなクラウンで、頭のてっぺんや斜めにちょんと乗せるとヘアアレンジがとてもキュートな仕上がりに。
ボンネ
ボンネとは、縁がない小さな女性用の帽子のことで、定番なのは布製の楕円形タイプ。ビシューや羽などを使った大ぶりなデザインも最近では増えています。
クラシカルからカジュアルまで、着ける位置によって印象が大きく変わり、取り外しも簡単。アップスタイルのアクセントとしてはもちろん、ウィッグやベールの境目を隠すのにも役立つ優れものです。
カチューシャ
普段使いのものより太めのフォーマルなカチューシャなら、ウェディングのヘッドドレスにもぴったり。ショートヘアの花嫁さんの定番アイテムでもありますが、ウィッグやエクステを使う方にも境目を隠せるのでおすすめです。
パールやビーズをあしらったものから、リボンカチューシャやバックカチューシャまで、種類も豊富。
ラリエット
新たなヘッドドレスとして注目されているラリエット。もともとネックレスとして使用しているチェーンアクセサリーなので留め具がなく、ストレートヘアに這わせたり髪に編み込んだり、アレンジの幅が広いのが特徴です。
マリアベールとの相性も抜群で、エキゾチックな雰囲気に変身させてくれます。
キラキラ輝くヘッドドレスもステキですが、本物の花を髪飾りにするのも人気です。花の種類や組み合わせ、色や大きさによってイメージが大きく変わります。和装にもおすすめ。
花冠だけでなく、ティアラやクラウンなども作ることもできるので、手作りに挑戦するのも良いかもしれません。
ウェディングハット

花嫁用の帽子も、スタイリッシュな女性に人気。お色直しや二次会でガラっと雰囲気を変えたいときにもぴったりです。
ロングのカールヘアに大きめのハットを合わせればハリウッドセレブのようなゴージャスな印象に、ストレートのボブカットに小さめのハットを斜めに乗せればエレガントでクラシカルな印象になるなど、髪型やドレスとのバランスで違ってきます。

TOP