HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングドレスの上手な選び方 > ウェディングドレスの基礎知識

Knowledge of wedding dressウェディングドレスの基礎知識

こちらのページでは、ウェディングドレスの基礎知識についてご紹介致します。
衣裳選びの際に、ドレスの基礎知識があったほうが何かと便利。

 

ウェディングドレスの色は白色が基本など、社会人なら常識として覚えておきたいドレスの基礎知識は意外と多く、
日常生活でも役立つ場面もあるでしょう。

ウェディングドレスとは

ウェディングドレスとは
 発祥は、ローマ帝国が栄えていた時代のヨーロッパウェディングドレスとは、花嫁が結婚式で着用する衣裳のことで、一般的に清純や無垢を表す白色を基調とするものが多いですが、ピンクやライトブルーのドレスも着用されるケースもあります。
ただし、そのような色の場合でも、ごく淡い白に近い色のものを着用するのが習わしです。
発祥は、ローマ帝国が栄えていた時代のヨーロッパ。
キリスト教の普及によって、結婚式は教会で挙げる習慣が定着し、その際に王族や貴族の花嫁が結婚の衣裳として着用したドレスが、ウェディングドレスの始まりとなり今日まで続いています。

日本でのウェディングドレスの歴史

日本でのウェディングドレスの歴史
 1960年代後半から80年代にかけて洋装での結婚式は発展日本では、1873年(明治6年)に長崎県の女性が結婚の衣裳として初めてウェディングドレスを着用したと言われています。その後、徐々にウェディングドレスは広まりましたが、この時代にウェディングドレスを着用しての結婚式が出来たのは、ごく一部の限られた人だけでした。また、国産のウェディングドレスはまだなく、海外から輸入したものを着たそうです。
圧倒的に神前式が多かった日本では、1960年代頃に入ってもなかなかウェディングドレスは浸透しませんでした。しかし、生活様式の洋風化や、ウェディングドレスは和装に比べると着用が容易であることなどから、1960年代後半から1980年代にかけて洋装での結婚式は急速に発展。和装よりも人気になり、結婚式の衣裳はウェディングドレスが主流になりました。

ウェディングドレスは購入かレンタルか

ウェディングドレスは購入かレンタルか
 近年はレンタルのドレスで結婚式を挙げる方が大半結婚式でウェディングドレスを着用する際は、購入またはレンタルという方法があります。
「自分の身体にピッタリとフィットするウェディングドレスが着たい」「昔からの憧れだからとにかくデザインにこだわったウェディングドレスが着たい」「自分だけのオリジナルのドレスが着たい」という方には、衣裳の購入がおすすめです。
ただし、こだわったデザインのウェディングドレスは、一生に一度の思い出としては相応しいですが、お値段が張ることや挙式後の保管方法などが悩みの種です。こういった悩みを解決するのが、衣裳レンタル。近年の結婚式は、レンタルのドレスで結婚式を挙げる方が大半を占めています。
レンタルのウェディングドレスは、購入するよりも費用が安いのがメリットの1つです。
デザインも最新のトレンドを取り入れたものが多いですから、時代遅れのデザインということもありません。
種類も豊富ですので、自分に合うドレスを選べる楽しみもあります。
バリエーション豊かに数多く用意しているサロンが多く、ドレスに合わせる小物やコーディネートの仕方によって、自分らしいオリジナルの着こなしも楽しめます。

カラードレスとの違い

カラードレスとの違い
 ウェディングスタイルも時代と共に多様化結婚式関連の衣裳には、カラードレスというものがあります。
これは、結婚披露宴や二次会の際に着用するものとされ、挙式時に着るのは一般的ではありませんでした。近年では、ウェディングのスタイルも多様化しているため、挙式の時にカラードレスを着る方もいらっしゃいます。一方で、ゲストから「どうしてウェディングドレスを着ないのだろう。
何か訳ありなのかもしれないな」と邪推される場合もあります。
また、「やっぱりウェディングドレスを着ておけばよかった」とご自身が後悔するもとになることも。
そのため、結婚式の際にはウェディングドレスを着用し、披露宴や二次会ではカラードレスを着用するというパターンがおすすめです。カラードレスも、衣裳のレンタルサービスを利用して借りることが出来ます。
TOP