HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングドレスの上手な選び方 > 美しく着こなすためにマスト!ブライダルインナー

Bridal inner美しく着こなすためにマスト!ブライダルインナー

ウェディングドレスを着用する時は、
ブライダルインナーを着用するのが一般的です。

 

レンタルする衣裳が決まったら、
それに合わせたブライダルインナーを選びましょう。

ブライダルインナーとは

ブライダルインナーとは
 ウェディングドレスを美しく着こなす為の必需品ブライダルインナーは、ウェディングドレスを美しく着こなすための必需品です。通常のインナーとの違いは、メリハリのある理想的なボディラインを作り出すこと。ハイウエストの衣裳に合わせてバストを高い位置にキープさせたり、下半身をシェイプアップさせてスレンダーなシルエットのドレスを軽やかに着こなせるようにしたりするなど、ブライダルインナーで憧れのスタイルを作ることが可能です。
立体裁断のパターンを使用して、衣裳を美しく見せるために作られた特別なインナーですから、ウェディングドレスを着用する時は、是非ブライダルインナーも着用して下さい。インナーは直接肌に身に付ける下着のため、レンタルではなく購入するというパターンが多いです。当サロンでも、インナーはレンタルではなく購入となっております。

ブライダルインナーを購入する時期

ブライダルインナーを購入する時期
 ウェディングドレスを決めた後でOK! ブライダルインナーは、着用するウェディングドレスのシルエットによって、適したインナーが変わりますので、レンタルする衣裳が完全に決まってから選びましょう。
自分が着たいウェディングドレスの種類が決まっている場合は、そのドレスのシルエットを考えながらあらかじめ用意しておくことも可能ではあります。ただし、慎重に選ぶ必要があります。ブライダルインナーを先に用意していることのメリットとしては、実際にブライダルインナーを着用した状態でドレスの試着に臨めることが挙げられます。自分が着たい理想の衣裳を見つけるのに一役買ってくれるでしょう。

ブライダルインナーを選ぶポイント

ブライダルインナーを選ぶポイント
 押さえておきたいポインは3つ
ドレスのシルエットに合わせて選ぶ ブライダルインナーは、レンタルするウェディングドレスのシルエットに合わせて選ぶのが一般的です。バストの位置やウエストのラインを整え、メリハリのあるボディを実現させます。
お色直しで違うシルエットのドレスを着用する時は、ドレスごとにインナーも変えましょう。複数のブライダルインナーが必要です。
自分の身体のラインを把握する 自分の身体のサイズを正しく把握しておくことは大切です。ブライダルインナーを選ぶ際には、気になる部分を効果的に補正出来るかどうかを確認して下さい。
試着をする ブライダルインナーは、必ず試着をしてから購入しましょう。きついものを無理やり着用すれば、身体にかかる負担が大きくなります。逆にゆるいものを着用すれば、ボディラインの補正になりません。ドレスのシルエットと、身体のサイズに合ったインナーを選ぶためには、やはり試着が必要です。

ブライダルインナーの種類

ビスチェ
ビスチェバストラインを整え、ウェディングドレスをより美しく見せてくれるのがビスチェです。ビスチェはブライダルインナーの定番で、デコルテや肩を出すスタイルの衣裳のインナーとして一般的に着用されます。最近ではボーン無しでも高い補正効果が得られ、長時間着用しても苦しくならないという、機能的なビスチェも登場しています。
ブラジャー&ウエストニッパー
ブラジャー&ウエストニッパーウエストからバストまでを補正するビスチェよりも、さらに美しいラインを作りたいときは、ブラジャーとウエストニッパーを組み合わせて、パーツごとにシェイプアップさせることが出来ます。ウエストニッパーは、コルセットとも呼ばれます。
ロングガードル
ロングガードルロングガードルは、お腹や下半身のボディメイクに効果があります。ビスチェと組み合わせて、メリハリのあるボディラインを作ることも可能です。タイトなシルエットのウェディングドレスを着用する時は、太ももをしっかりとサポートしてくれる長さのものを選ぶのがおすすめ。足さばきが軽やかになる効果もあります。
TOP