HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングドレスの上手な選び方 > そのドレス、ちゃんと合ってる?フィッティングチェックポイント

Check pointそのドレス、ちゃんと合ってる?フィッティングチェックポイント

上質な衣裳選びは、ワンランク上のウェディングへの近道です。
一生の思い出になるウェディングドレス選びは失敗したくないですよね。

 

数あるドレスから、自分に似合うウェディングドレスを見つけるために欠かせないのがフィッティング(試着)です。
レンタルドレスの場合、国内挙式予定日の半年以上前にフィッティングを始めることが多いです。
あなたに似合う、とっておきのウェディングドレスを探すフィッティングポイントをご紹介致します。

より素敵に魅せるフィッティングポイント

美しく見せるためには、自分に合ったウェディングドレスを着ることが大切です。実際に試着し、下記のポイントを参考に確認すると良いでしょう。

シルエット
 シルエット 全身 正面と後ろから、鏡で全身のシルエットを確認しましょう。なるべく引きで見るとバランスの確認が出来ます。 デコルテウェディングドレスのデコルテラインは、見え方や印象を左右する重要なポイントです。自分の顔が映えるデザインや開き具合か、しっかり確認しましょう。ちなみに、着席時は上半身しか見えないので、胸から上だけのシルエットも美しく見えるかあわせてチェックしてみて下さい。
サイズ
 サイズ バストサイズ 目指すはピッタリサイズです。大きすぎると浮いた感じになり、小さすぎると横ジワが出来てしまいます。美しいバストラインを保っているか、脇のラインに合わせてカップ調整やサイズ直しが出来るかを確認しましょう。胸の大きな方はコンパクトに見せるビスチェタイプを、胸の小さな方はバスト補正をし、胸元にリボンや刺繍などのデザインが施されているドレスを選ぶとバストサイズのお悩みをカバーしてくれます。 ウエストサイズ ウエストは両脇を少しつまめるくらいの余裕があるサイズがベスト。また、ウエストの高さも程良い高さか確認しましょう。 ネックサイズ ハイネックのウェディングドレスを選ばれた方は、正面を向いた時に襟のラインがキレイに立っているか、下を向いた時に苦しくないかを確認しましょう。
ヒールの高さ
 ヒールの高さ 新郎の身長やドレスの長さを考慮してヒールの高さを調整します。
ドレスに合わせて靴もしっかり試着しましょう。
フルレングスのウェディングドレス場合は裾の中心が床から2僉▲ーデンウェディング用のウェディングドレスの場合は靴先が少し見えるくらいになる高さが目安です。

フィッティング当日のポイント

スムーズなフィッティングを行うために気をつけたいポイントです。

持ち物
 持ち物 ブライダルインナーブライダルインナーを着用することで、実際のイメージがつかめます。
ドレスサロンによっては、ブライダルインナーの貸し出しがあるので事前確認すると良いでしょう。 身に着ける予定のアクセサリーや小物実際に着用するアクセサリーや小物がある場合は持参して、ドレスと合わせたイメージを確認しましょう。 ストッキングヒールの高さを確認するため靴を履くので、素足ではなくストッキングを履いておきましょう。
当日の装い(服装・メイク・ヘア)
 当日の装い(服装・メイク・ヘア) 服装 着脱しやすい服装(靴)がおすすめです。レギンスは履いたままドレスを試着出来るので便利。 ヘアー ヘアスプレーなどせずに、ヘアアレンジがしやすい状態で行きましょう。 メイク 当日の姿をイメージ出来るよう、ブライダルメイクを意識したメイクで行きましょう。
同行者
 同行者ドレス姿に対して、客観的に正直な感想を伝えてくれる方がいるとベストです。
パートナー、母親や姉妹、友人と行かれるケースが多いです。
TOP