HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングドレスの上手な選び方 > 会場別おすすめウェディングドレス

Place distinction会場別おすすめウェディングドレス

挙式会場に下見に行くと、
「写真で見た感じより実際の雰囲気が違う」と感じることがよくあります。

 

教会や披露宴会場の担当者によく確認し、
ウェディングドレスの雰囲気とミスマッチにならないように、
以下の事項をチェックしてみて下さい。

会場にふさわしいウェディングドレス選び

会場にふさわしいウェディングドレス選び
 事前の会場リサーチが重要挙式を挙げる際には必ず一回会場を下見し、その教会の特長や雰囲気・挙式形態にマッチしたウェディングドレスかどうかイメージすることが重要です。
会場が狭い場合や歓談等で移動が多い場合は、スレンダーラインやマーメイドラインなどがおすすめ。逆に会場が広い場合やあまり移動が無い場合は、プリンセスライン、Aラインなどがおすすめです。もちろん体系や好みもあるので一概には言えませんが、会場の広さや形式とマッチしたドレスを選びましょう。

教会式

理想的なリングピロー
 荘厳な雰囲気に合ったドレスをチョイスして!戒律のある場所が多いので、事前に確認をしましょう。一般的に教会での結婚式は厳粛なものなので、過度な肌の露出や派手なデザインはNG。ですが、最近は問題無く着られる会場も増えているのでよくチェックしましょう。基本的にベールと手袋は着用します。
ドレスのトレーンの長さも忘れてはいけません。長く後ろに引くトレーンは花嫁の夢でもありますが、会場によっては狭くて広げられない場合があります。事前にバージンロードの長さを調べて下さい。

ホテル・結婚式場の披露宴会場

ドレスの質をチェック
 ゴージャスなウェディングドレスがおすすめ!主に室内で行われるため、スポットライトに映えるウェディングドレスがおすすめです。ボリュームがあって装飾品にも凝っていてゴージャスなウェディングドレスが良いでしょう。スパンコールやスワロフスキーが施してあると、光を反射して煌びやかになります。
ウェディングドレスを自分で持ち込む場合は、価格をよくチェックしておきましょう。多くの会場は提携しているドレスサロンでレンタルすることを前提に価格設定されています。そのため、自分で持ち込むとレンタル料より高くつく場合がほとんどです。

レストランウェディング

試着時にチェックすること
 移動しやすいシンプルなドレスでゲストと楽しいひとときをコンパクトでカジュアルな会場が多いです。そのため、動きやすさ、歓談のしやすさなどを念頭に置いてドレスを選びましょう。ゲストと写真を撮ることも多くなるので、顔周りの過度な装飾は、顔が綺麗に映らないので考慮しましょう。
伝統的な雰囲気のレストランならクラシックなデザイン、おしゃれなフレンチレストランならスタイリッシュなデザインのドレスを選ぶと、会場とマッチして素敵です。

ガーデンウェディング

ガーデンウェディング
 太陽の光に映えるドレスを 気候が良い時期のガーデンウェディングは、開放感たっぷりで気持ちが良くおすすめです。青い空や緑のガーデンに映えるのは、やはり純白のドレスとブーケ。太陽の光を浴びて輝くビーズ装飾のドレスも良いですね。
風が吹くことも予想されるため、しなやかになびくフリルやベールも素敵です。屋外なのでちょっと多めに肌を露出しても良いでしょう。脚に自信のある方はミニドレスも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
また、日本の結婚式ではあまり馴染みのない帽子も個性が出ておすすめ。少し大きめの「つば」のついた帽子には高級感が漂います。
TOP