HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングドレスの上手な選び方 > どちらを選ぶ?レンタルvs購入

Color Dressどちらを選ぶ?レンタルvs購入

結婚式が決まった女性なら誰もが最初に悩むのがウェディングドレスのこと。
ウェディングドレスはレンタルドレスの中から選ぶのが良いのか、それとも思い切って購入する方が良いのか…
どちらが賢い選び方なのでしょうか?

どちらを選ぶ?レンタルvs購入

この先も一生の思い出として残るウェディングドレス。デザインは言うまでもなく、
サイズや費用など気になるポイントは山ほどありますよね。
レンタルも購入も、それぞれにメリット・デメリットがあるのでここにご案内します。

レンタルドレス/メリット

その1:ハイブランドが格安で着られる

購入するのに比べて安いというイメージの強いレンタルドレスですが、実はレンタルも購入も条件によっては大差がありません。 ただ、100万円を下らないような高級ブランドのウェディングドレスは購入するのに勇気がいりますが、レンタルなら安く着ることができます。 また披露宴会場によってはパックになっていることも多く、その場合は購入ドレスを持ち込むより安いのが一般的です。

その2:手配がスムーズ

レンタルドレスまでパックになって会場の場合は、手配が一度で済むというメリットもあります。式場以外でも提携しているショップでレンタルすれば、搬送などはショップスタッフの方が慣れているので細かい手配まで自分でする必要もなく安心です。 また、最近ではレンタルのウェディングドレスでも予約後の妊娠や体形の変化に対応してくれるショップが増えているので、事前に確認しておくと良いでしょう。

その3:お手入れや保管が楽

結婚式や披露宴当日の主役は忙しいので、全部おまかせできると心のゆとりも違ってきます。レンタルドレスはほとんどが着用後にそのまま返却するだけ。クリーニングの費用もかからないし、翌日からの保管場所に困ることもありません。 せっかく購入した純白ウェディングドレスもクローゼットに長年入れっぱなしにしていると、黄ばんでしまいかねません。保管やお手入れに関しては、レンタルの方がメリットがありそうですね。

レンタルドレス/デメリット

その1:好みのドレスがない

会場が提携しているドレスショップではお気に入りが見つからず、結局外部のレンタルドレスサロンを何件も周ることに。ところが、やっと見つけた1着は式当日すでに予約が入っていて借りられない、なんてことは少なくありません。 さらに人気のデザインほど、まっさらな新品をレンタルできる可能性ことはほとんどないため、購入したウェディングドレスに比べるとどうしても使用感があるのもデメリットといえます。

その2:サイズが合わない

レンタルドレスはオーダーではない既製品。そのためサイズに限りがあることと、標準サイズ以外の体型の女性には諦めなければならない場合が出てくることを覚悟しておく必要があります。 しかし最近では、裾や袖口などの比較的直しやすい箇所であれば多少のサイズ直しに対応してくれるサロンも少なくありません。

購入ドレス/メリット

その1:自分のためだけのウェディングドレス

なんといっても購入ドレスの最大のメリットはサイズとデザインが選べること。値段を抑えてセミオーダーにした場合でも、レンタルドレスに比べるとフィット感が段違い。 また、「これぞ!」と思う1着に出会うまでドレスサロンを周るのは意外に大変な労力と時間を要するので、仕事が忙しいという理由で最初から購入ドレスで手配を進める新婦さんも多いようです。

その2:複数回着るならレンタルよりお得

披露宴と2次会、新郎の地元と新婦の地元それぞれで披露宴、海外で挙式して帰国後に1.5次会など、ウェディングドレスを1度ではなく数回着用するのであれば、レンタルドレスより購入する方が断然お得です。
さらに、複数回着る場合はそれだけ汚したり破いたりという保険外の補償が発生してしまうリスクも上がります。特にガーデンウェディングを予定している新婦さんはぜひご一考を。

購入ドレス/デメリット

その1:お手入れや保管に悩む

着用後のお手入れや保管を考えて、大多数の新婦さんが本当は購入したいのにレンタルドレスを選ぶ傾向にあります。 逆に購入派の皆さんは専門業者に依頼して状態良く保管して将来娘さんに受け継いだり、ベビードレスなどにリメイクしたりするようです。中には最初からそもそも保管のことは考えず、着用直後にネットオークションで売りに出す人も。

その2:持ち込み料がかかる

会場にもよりますが、特に提携外のショップで購入したウェディングドレスには持ち込み料が発生することが少なくありません。 さらにドレスの搬入や返却など、ただでさえ忙しいウェディング当日に手間が増えることも覚悟しておきましょう。

TOP