HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングドレスの上手な選び方 > リゾート婚 おすすめドレス

Resort wedding dressリゾート婚おすすめドレス

国内・海外を問わず人気が高まっている「リゾート婚」。青い海と白い砂浜をバックにビーチフォト、
緑豊かな木々と葉の間から差し込む柔らかな木漏れ日の中で愛を誓う森のウェディングなど、
新郎新婦の思い描く結婚式の多くは叶えられるようになってきました。

 

「希望するロケーションは予約できたけれど、ドレスやタキシードはどうすればいいの?」
「どんなふうに準備をすれば良い?」
国内であれば問題も少ないですが、海外挙式となると自分のサイズはあるかなど悩みが多く出てきます。
リゾ婚でのドレス選びについてご紹介いたします。

ドレスの入手方法

リゾ婚をする現地のショップでレンタルする。
 リゾ婚をする現地のショップでレンタルする。 挙式前日などに現地のショップでレンタルする場合、ご自分の憧れのデザイン、サイズなどが在庫にないことあります。国内のショップなら事前に電話などで状況を確認できますが、海外のショップの場合は言葉の壁も。
そのため「事前に写真で選んでいたウェディングドレスが実際に試着してみたら自分には似合わなかったけれど、他のドレスの在庫もなくて仕方なく着た」という残念な新婦も。
現地のショップを選ぶ際にはレンタル価格が安さで選ぶのではなく、レンタルドレスのデザインやサイズの豊富さ、サポートなどについても調べておく必要があります。
国内のドレスショップでレンタルして現地へ持参する。
 国内のドレスショップでレンタルして現地へ持参する。 国内のドレスショップでレンタルする場合は、実際にドレスを試着して選ぶことができるのがメリットです。写真だけでは分からないドレスの素材感やデザインの細部、試着で感じるドレスの重さや歩きやすさなどを新婦が実際に確認できるので、当日のドレスでの悩みは少ないでしょう。
ドレスに合わせたコーディネートを考える時間もできるので、新郎とお揃いの小物をプラスしてお二人のオリジナルリゾ婚を演出することも可能。「現地へ衣装を持参するのは荷物が多くなるし、帰りはお土産が増えて大変!!」と持参することに抵抗がある方には「国内事前試着サービス」をおすすめします。試着して決めたドレスを現地でお取り置きするサービスで、ドレスを持参しなくてもいいので荷物が増える心配はなくなります。
このような便利なサービスを利用して、お気に入りのドレスで一生の思い出を写真に残しましょう。
購入したドレスを持参する。
 購入したドレスを持参する。 ご自身で購入したドレスを持参するメリットは、お気に入りのドレスで挙式できること。
最近は、リゾート婚向けに低価格のドレスをインターネットショップなどで購入できます。ネットショッピングは実際に試着して購入できないのが残念ですが、ネット上掲載されている何千着もあるドレスの中から好きなデザインを探すことができます。
また、レンタルドレスは汚してしまったら大変!!ご自身のドレスならビーチフォトで海に入って撮影するなど海外で人気の「トラッシュ・ザ・ドレス」も可能。フォトジェニックなウェディングフォトも期待できますよ。

それぞれのドレスの入手方法にメリットとデメリットがありますが、新婦が満足し後悔しないようにドレスを調達しましょう。



ビーチリゾートにおすすめドレス

沖縄やハワイなど美しい海と白い砂浜があるビーチリゾートは、解放感のあるロケーションが魅力。ビーチフォトや挙式などで着るドレスもロケーションにピッタリなドレスを選びましょう。
ビーチウェディングで一番大切なのは、重すぎず砂浜を歩くことができるアクティブなドレス選び。教会挙式などで見かけるチュールのたくさん入ったボリュームあるデザインや、ロングトレーンのものは、ビーチでは大変なことになります。
ドレスの素材には重厚感のあるサテンよりも軽やかなオーガンジーやシルクなどを選び、風になびかせてウェディングフォトを撮ると写真が映えます。ドレスのライン的にはエンパイアラインやスレンダーラインがおすすめ。エンパイアは胸下の切り替えから下がスカート部分になっており、柔らかな素材のドレスを選べば適度に風になびくデザインです。
スレンダースタイルはシンプルなデザインですが、シフォンを使い柔らかなドレスの風合いがあり軽くて動きやすいので人気です。

ビーチウェディングのドレスは大胆なデザイン、日本での披露宴ではボリュームのあるゴージャスなドレスにしてみるなど、あなたらしいリゾート婚を演出しましょう。

TOP