HOME > お役立ちコンテンツ > ウェディングアイテム > ベール

Wedding veilベール

花嫁が輝くウェディングドレス姿に華を添えるウェディングベール。ウェディングアイテムの中でも神聖なベールは、
もともと花嫁を守る「魔よけ」の意味で用いられていました。

 

憧れのウェディングドレスを纏い完璧にして当日を迎えたいと思っていらっしゃる方が多い中、
ブライダルシューズの選び方に関しては、意見が分かれます。とことん美・憧れを追求派、もしくは実用的に堅実派。
考え方は十人十色。ブライダルシューズの選び方のご紹介です。

ウェディングベールの種類

マリアベール
 マリアベール 顔の輪郭にベールの縁を沿わせて装う「マリアベール」。このマリアとは聖母マリアに由来します。円形のベールの周囲に施された美しい刺繍が、顔周りをとても華やかに演出してくれ、花嫁の横顔を清楚でエレガントな印象に導いてくれます。ベールで顔を覆わないため、挙式中の感動的な儀式でもある「ベールダウン」や「ベールアップ」というものは行えません。
フェイスベール
 フェイスベール 顔全体をすっぽりと覆う「フェイスベール」。ベールの向こうに透けて見える花嫁さんの顔がとても神秘的に感じられ、また、純白のベールが絶妙な補正効果をもたらし、肌をきれいに見せてくれます。ベール1枚でとても華やかになり、更に美しく見せることが出来ますよ。母親の最後の仕事と言われる「ベールダウン」。そして、その下げたベールをあげることが許されるのは、ご両親に代わり花嫁を守り続けると誓った花婿のみです。

ウェディングベールの長さと選び方

何よりも履き心地を大切に
ドレスの裾より長い「ロングベール」は存在感が抜群です。美しい階段や大聖堂での挙式でヴァージンロードを歩くときバックスタイルの美しさがより際立ちます。背の高さくらいの長さで床すれすれの「ミドルベール」は会場問わず用いることが出来る優秀なベール。豊富な種類があり多くの花嫁さんに選ばれている長さです。腰より短い「ショートベール」は顔周りのアクセントにぴったりな長さ。小さめのチャペルやガーデンウェディングにはショートベールが動きやすくておすすめです。
バックスタイルも印象的に見せたいならロング丈、マーメイドラインなどウェディングドレスの綺麗なラインを強調するならショート丈で刺繍やデザインに凝ったものをチョイス。また、プリンセスラインのように下半身にボリュームも持たせた可愛らしいドレスなら、ベールはシンプルなものを選ぶとバランスが取れます。ドレスのシルエットと式場の広さやタイプに合わせて長さを選ぶのがポイントです。

女性のしなやかさを表現出来るベールは、結婚式に欠かせないウェディングアイテムです。みなさまはどのベールを選びますか?
TOP